仲介売却

高く売りたい方へ~仲介売却~broker

高く売りたい方へ~仲介売却~

大切な不動産を売却するとなれば、できれば高く売りたいものですね。お手持ちの不動産をできるだけ高く売却したいという方には、「仲介売却」がオススメです。一般の不動産市場で購入希望者を見つけて、物件の売却を目指します。

こちらでは八戸市の不動産会社、サクラハウス株式会社が仲介売却についてご説明します。売却時に必要な媒介契約や仲介手数料についてもご説明しますので、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

不動産の売却で、こんなお悩みはありませんか?

「子どもが生まれたので広い部屋に住み替えたい」
「住み替えの資金にしたいので、できるだけ高く売りたい」
「庭のある一戸建てに住み替えたい」
「相続した物件を売って現金にしたい」

「売却時期をそれほど急いでいないけれど、できるだけ高く売りたい」場合、仲介売却ならお手持ちの物件を希望額に近い価格で売却することができます。物件が売れるまでに時間がかかることもありますが、まとまった資金を得られる可能性が高まります。

仲介売却とは?

不動産を売却する場合、「仲介売却」を指すことが一般的です。仲介売却では、物件の紹介から条件の交渉、売買契約の締結、引き渡しまでの一連の売却活動を不動産会社がサポートします。仲介売却には次のようなメリットがあります。

仲介売却のメリット

  • 希望に近い価格で不動産を売却できる
    当社買取を行うと買い取った不動産会社側にさまざまな経費がかかるため、仲介価格よりも低い価格での売却となります。一方、仲介売却では査定額を参考に売主様の希望価格で売り出すことが可能です。高額で売却できれば、住み替えやその後の新生活の資金にあてることができます。
  • 売主様サイドで物件の価値を高められる
    できるだけ高く売れるように、清掃や修繕、リフォームなどによって物件の評価を高めることも可能です。売主様の工夫次第で、物件を売れやすくすることにもつながります。

一方、仲介売却のデメリットとしては、売却できるまでに時間がかかる点です。一般的には早くて3~6ヶ月程度、場合によっては1年経っても売れ残ってしまうこともあります。最終的に、売り出し価格より引き下げることを検討するケースも見られます。

すなわち仲介売却では、売り出し価格が重要になります。市場で想定される価格よりも高くなりすぎないように検討しましょう。当社では、地域の実態に合わせて「これくらいの価格なら売れそう」といった適正な査定を行っています。ぜひ当社の無料査定をご検討ください。

媒介契約は3種類から選べます

不動産を売却する際には、売却を仲介してもらうため、不動産会社と契約を結ぶ必要があります。不動産会社は仲介手数料やサービスの具体的な内容などを書面で売主に交付することが法律によって定められているのです。

売主様と不動産会社で結ぶ契約を「媒介契約」といいますが、この契約には3種類あります。それぞれの媒介契約には特徴がありますので、売主様の売却方針に沿った契約を結ぶようにしましょう。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

種類 専属専任媒介契約 専任媒介契約 一般媒介契約
複数の会社との契約 1社のみ 1社のみ 可能
売主様自身が見つけた相手への売却 できない。不動産会社を通す必要がある 可能 可能
REINSへの登録 5日以内に登録 7日以内に登録 任意
売主様への報告 1週間に1回以上必須 2週間に1回以上必須 任意
REINS(レインズ)って何?

REINSとは「Real Estate Information Network System」の略で、公益財団法人不動産流通推進機構が運営している不動産情報交換のためのコンピュータネットワークシステムのことです。

不動産会社だけが利用できるWebサイトで、売りたい不動産が登録されることによって、全国の不動産会社から検索されるようになります。つまり、よりスムースな売却のためには、不動産情報をできるだけ早くREINSに登録する必要があるということです。

REINSを運営する不動産流通推進機構は国土交通大臣によって指定されており、地域によって全国4組織あります。

仲介手数料について

仲介売却が成立すると、売主様は、仲介を行った不動産会社に対して手数料を支払う必要があります。これを「仲介手数料」といい、宅地建物取引業法によって次のように上限が定められています。

売買価格 仲介手数料の上限
200万円以下 物件価格の5%+消費税
200万円超 400万円以下 物件価格の4%+2万円+消費税
400万円超 物件価格の3%+6万円+消費税

たとえば売却価格が1,000万円の場合には、仲介手数料として36万円+消費税を支払う必要があるのです。売却時に発生する費用として、仲介手数料もあらかじめ念頭に入れておきましょう。