任意売却

住宅ローンにお困りの方へ~任意売却~private

住宅ローンにお困りの方へ~任意売却~

やむを得ないご事情が生じて大切な不動産を手放さなければならない、といったことは突然やってくるものでもあります。でもご安心ください。たとえば、リストラやご病気などで住宅ローンの支払いでお困りの場合には、任意売却という方法で解決することができます。

こちらでは、八戸市の不動産会社、サクラハウス株式会社が任意売却についてご説明します。お客様の不動産に関するお悩みに誠心誠意対処しておりますので、安心してご相談ください。

住宅ローンで、こんなお悩みはありませんか?

「毎月のローンの支払いが苦しい」
「金融機関から督促状が届きはじめた」
「税金を滞納している」
「競売にかけられて家を差し押さえられそう」

住宅ローンの滞納が続くと、最終的には債権者である金融機関によって不動産が差し押さえられ、競売にかけられてしまいます。競売になってしまうと、金融機関のペースで不動産が処分されてしまい、お金を借りている側、すなわち債務者の意志がはいる余地はありません。

しかし、競売になる前に、自らの意志で不動産売却を進めることができ、「任意売却」といいます。今後の生活を再建するために、最善の方法を見つけませんか?

任意売却とは?

住宅ローンを利用して購入した不動産には、金融機関に「抵当権」がつけられています。さまざまな理由でローンが支払えない状況が続くと、金融機関は抵当権にしたがって競売申し立ての手続きにはいり、資金を回収しようとします。

競売の手続きは裁判所主導で進んでしまいますので、債務者側は基本的に関与できません。しかも市場価格の7~8割という低い価格で売却されてしまうので、債務者のその後の生活も苦しいまま続いてしまいます。

「任意売却」はそのような競売を回避するために設けられている手段です。お金を借りている人と、金融機関の間で不動産処分後の残債について約束を取りかわし、金融機関の合意を得たうえで不動産を売却します。競売と比べてさまざまな点でメリットがあります。

任意売却と競売の比較

※表は左右にスクロールして確認することができます。

比較 任意売却 競売
売却価格 市場価格に近い価格で売却できる 市場価格の7~8割程度
プライバシー 一般の売却と同じなので、近隣に知られずに売買することが可能 競売情報は新聞などに掲載されるため、近隣にも知られてしまう
残債 債権者である金融機関との協議によって、返却方法や期間などを調整できる 残債は一括返済になってしまい、相談できる余地はない
物件の引き渡し 購入者との協議によって、引っ越し時期を調整できる 競売が成立したらすぐに退去しなければならない
引っ越し費用 債権者との交渉によって、引っ越し費用のねん出も可能 引っ越し費用のねん出は難しい
任意売却は時間との勝負です

さまざまな点でメリットの多い任意売却ですが、ローンを滞納し始めると任意売却が可能な期間が切れるまでのカウントダウンが始まります。時間との勝負になりますので、ローン滞納が続いているような状況がありましたら、早めにご相談ください。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

時期 住宅ローン滞納の状況 任意売却可能な時期
ローン滞納前 何とか支払いできているものの、苦しくなってきた。 ご相談は可能です。
ローン滞納3ヶ月まで 金融機関から督促状が届きはじめた。 任意売却は間に合います。早めにご相談ください。
ローン滞納4ヶ月 裁判所から競売を開始する通知が届いた。 任意売却は時間との戦いです。すぐにご相談ください。
ローン滞納5ヶ月 裁判所から競売の執行官が訪れて競売の準備を始めたり、不動産会社が訪れたりするようになった。 競売が目前に迫っています。まだ間に合うかもしれませんので、即刻ご相談ください。
ローン滞納6ヶ月 いよいよ競売開始! 落札されてしまうと任意売却はできません。こうなる前にご相談ください。